富山市街~飛騨市神岡町 列車とコミュニティバスで行く

 道路は除雪した雪が道路の左右に積まれているので、自転車ではなく列車とバスで往復120km近くを移動。まずは富山駅からJR高山本線で猪谷まで行く。670円。
 今日は久々の晴れ間。良い写真が撮れる。
b0113219_11575918.jpg
 
 猪谷駅を出て真っ直ぐ坂を下り国道沿いのバス停に向かう。
b0113219_11575993.jpg
 
 バス停のそばの柿の木。未だ鈴なり。
b0113219_11575916.jpg
 
 飛騨市巡回バスふれあい号の上が西回り、下が東回り。東回りの11時32分にいつも乗る。猪谷はバスの折り返し場所なので、西回りも同じような時刻に同じ方向を向いて来るので間違えないようにしないといけない。
b0113219_11575908.jpg
 
 後払いの100円。行き先を言って乗り込む。利用者は病院や役場や買物や温泉施設に用がある人が圧倒的に多いのだが、誰でも利用できる。猪谷からの乗客はさほど多くない。
b0113219_12561061.jpg
 
 バスは神岡まで神通峡沿いを国道41号で南下する。途中で枝道に入って対岸の集落や温泉施設に寄ったりするので、いろいろな風景が楽しめる。前の晩まで雪が降っていたので樹木にまだ雪が着いている。
b0113219_11575900.jpg
 
 冬には珍しいほどの快晴。背景が青くないと雪山はきれいに撮れない。
b0113219_11575946.jpg
 
 神岡では市街地の中を巡り人を乗り降りさせながら走るからけっこう時間が掛かるが、神岡の外れの旧奥飛騨温泉口駅には12時半頃到着する。帰りは同じ道を辿るので、西回りの14時49分に旧奥飛騨温泉口駅を出る便に乗る。神岡の病院の側で土産を買ってからバスに乗るのなら、病院の玄関前のバス停に15時にはいないといけない。この便に乗っても猪谷に15時45分に着き、各駅列車17時18分発富山18時18分着に乗るのに1時間以上の待ち合わせなくてはならない。名古屋からの特急ひだ16時7分発に乗れば富山には16時42分に着く。特急自由席券込みで1420円。
 次の19時14分便は神岡営業所で営業終了。猪谷までは行かない。平日にはそれも来ない。15時前後に神岡を巡回している猪谷方面西回り便に乗り遅れたら、濃飛バス神岡営業所16時25分発の富山駅前17時48分着の特急バスに乗ることもできるが運賃は1,670円と高め。
 古川方面東回りの最終便16時56分発に乗ることも出来るが、17時50分にJR飛騨古川駅に着き、富山方面へは各駅停車しか選べず18時8分発、富山には19時50分着になってしまう。
b0113219_11580069.jpg

 ちょうど良い時間に自家焙煎珈琲あすなろに入る。ブレンド珈琲とサンドイッチ(ハーフ)を注文。自転車で来ればこの倍の量を食べてもまだ足りないくらいだが、今回は控えめ。豆も購入。
b0113219_11580097.jpg
 
 あすなろを14時15分ころ暇して、すぐ側の橋を渡り、飛騨神岡病院のある神岡東町まで下る。案外距離があるのであまりのんびりしてはいれなかったが、冬はこのように燃料にする木材が山積みになっている。
b0113219_11590396.jpg
 
 同じ長さにきれいに切られて積まれているとなかなか景色が良い。
b0113219_11590398.jpg
 
 神岡東町の穂高岳山荘事務所にも薪が積まれている。
b0113219_11590349.jpg
 
 病院のそばにスーパーマーケットチェーンValorがある。飛騨牛ステーキ肉があったので購入。買物時間が短いのに一番レジが混んでいる時間帯なので、ぎりぎりでバス停に向かう。バスからの様子。座席は左右に2人がけのシートが並び、通路には補助席が出せるタイプ。
b0113219_11590408.jpg
 
 さて予定通り猪谷に着いて、約1時間半の待ち合わせをするか、20分待ち合わせで特急に乗るか。1時間半あるということは隣りの楡原駅まで歩けるのではないかと思い始める。迷っていると歩く選択肢は消える。とにかく歩き始める。路肩や歩道には除雪した雪が積まれているが、さほど狭まっているわけではないので歩くのに支障はなかった。下の写真は国道41号道の駅細入あたり。
b0113219_11590430.jpg
 
 いくつかのスノーシェッド(洞門)は狭いので注意が必要だが、昼間の好天で道は広がっている。早足でどんどん歩く。ダウンジャケットを来ていたが、気温0度程度だと大量の汗を掻く。この写真を撮った後、バックパックに小さく丸めて押し込み、登山用保温肌着と薄手のウールシャツだけでちょうど良い。
b0113219_12254923.jpg
 
 もう少しで着くだろうとがんがん歩くが、カーブを曲がるたびに同じような景色が見え、旧国道41号と楡原猪谷バイパスの分岐点を過ぎてからが案外長く、最後には小走りを交えて急ぐ。バイパスが対岸に渡るための橋を潜ってようやく駅が見えた。時計は17時18分を指している。Google Mapのルートで計ってみたら歩行距離は7.3km、所要時間見込みは1時間30分。かなりの起伏があり、一部区間で歩道の雪の上を歩いたりしたことを考えると上出来だ。
 駅の時刻表で確かめてみると富山行きは17時26分発だ。8分前に到着したのが余裕があったのかなかったのか分からないが、走ってなかったら目の前で列車を見送っていたかもしれない。(その場合の次の便は19時8分発、また1時間半以上の待ち合わせ!あるいは次の笹津まではほとんど下りで5kmもないからまた歩くことにするのか!)
b0113219_11590462.jpg
 
 家に着いたのは18時40分くらい。19時頃、肉を塩胡椒だけで焼いて食べる。飛騨牛の赤身肉は本当に美味い。
b0113219_11590401.jpg

[PR]
by hills_mountains | 2014-01-05 23:59 | 公共交通機関の旅(輪行以外) | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains