珈琲焙煎のち映画Suffragette「未来を花束にして」

b0113219_15241688.jpg

 先週は花粉症がひどすぎて下高井戸のハチコー焙煎所までは行けなかった。今週は小青竜湯を服用して調子がいい。珈琲豆も数種類は消費してしまい、東ティモール ロビホ JAS有機認証とコスタリカ ガンボア農園 レッドハニーだけになってしまった。
 3月初の焙煎には一ヶ月ぶりに直火式焙煎機を利用。
ハモニカのような火口の上に回転するドラムがある。
b0113219_15234351.jpg

久々にエチオピア イルガチェフェ(左)を最初に焼いた。二煎目はグァテマラ パカマラ種 イスヌル農園(右)を選択。珈琲の粒の大きさがかなり違う。エチオピア イルガチェフェは比較的小粒。イスヌル農園のパカマラはかなり大粒だ。どちらも焼いた直後から香りが強まってきていて、来週中頃の飲み頃が楽しみだ。
b0113219_11342078.jpg
 10時から昼まで話をしながら400gを2度焙煎し、コーヒーの香が強い甘い匂いをさせながら、京王と東横で横浜へ移動。Suffragette 邦題「未来を花束にして」を鑑賞。シネマ・ジャック&ベティでは木曜日はメンズ・デイということもあるが、それにしても、たくさんの人が映画を見に来ていた。自分が見た回の前には「しゃぼん玉」を上映していたが、それもかなりの人数の人たちが見ていた。多くの犠牲を払って一般人が男女とも参政権を得てきた歴史があるが、現代、みな権利を行使しているか。棄権者が多く、後から文句言うのが多すぎないか。
 
 映画の後は中華料理一番本店に寄らずにバスで帰宅するかどうか迷ったが、最初から紹興酒にしておけばよかたのだが、ビールから始めたからたくさん飲んでしまった。だけど支払いは3050円、酒は普通の値段だが、料理の値段設定が低く抑えてあるので、他店よりも1、2千円払いが少なくて済む。

[PR]
by hills_mountains | 2017-03-09 23:59 | 珈琲(焙煎) | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31