珈琲焙煎に自転車で

 今日は午後遅く都内に珈琲豆を焼きに出かけてきた。スギ花粉の飛散が本格的になっているらしいが、今日は片道はマスクなし、漢方薬なしで結構なスピードで走っている。目的地近くで薬局に入り、小青竜湯を購入。今回購入した分で今シーズンは足りるだろう。

 焼いたコーヒー豆はコロンビア400gとエチオピア イルガチェフェ800g。どちらも中深焼き。400g焼くと大体1L、800gは2Lの容器にちょうど入る。
 
 コロンビア スウィートベリーはサイズも色合いも粒ぞろいで、欠点豆が少ない。焼きあげるとかなり大きく膨らんだ。
 
 エチオピア イルガチェフェも虫食い豆と未熟豆は多少あったが、洗豆の際も浮いてくる豆もなく、割合粒ぞろいだった。
b0113219_02060790.jpg
 どちらの豆も二爆ぜがほぼほぼ終わるまでかなり粘って冷却している。エチオピアは数時間経って、すでに独特の香りが漂っている。コロンビアは不思議なことにパリッと焼いた餅のような匂いがしている。こちらの方は時間の経過とともにだんだんと味と香りが変化して飲み頃には全く思いもよらない仕上がりになるだろう。


本日の自転車走行データ。

距離88.49 km
消費カロリー2,679C、
所要時間 4:23:11
純粋走行時間 3:59:05
平均速度 20.2 kph
平均移動速度 22.2 kph
最高速度 38.8 kph
高度上昇 372 m
高度下降 383 m
最高高度 55 m

[PR]
by hills_mountains | 2017-03-23 23:59 | 生活一般 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains