富山市 シクロシティー、初利用

b0113219_11241916.jpg
 
 
 
 Velocity導入時は、通常のレンタサイクルのように当日受け付け後に即利用可能ではなかったため、利用者は少なかったようだ。今では市内の主なホテルや駅前のCiC1階インフォメーションで、解錠施錠に必要なカードを350円のデポジットを預けて借りる。基本料金150円と合わせて500円が登録時に必要だ。登録用紙に免許証などの身分証明書と同じ氏名と住所、当日連絡可能な電話番号を記入して市街に多数設けられた拠点でカードを使って解錠して自転車をスタンドから外して利用し、他の拠点でスタンドに接合して施錠したら一乗車が終了。この一乗りを30分以内に抑えて利用すれば、何度乗車しても追加料金が発生しない。共用物なので一人で優先する時間が長くならないようにしている。一乗りが31分以上になると追加料金が発生する。60分まではさほど大きな額にはならないが、それを超えると30分毎に多額の追加料金が加算される。それならば通常のレンタサイクルを借りたり、市内電車の一日パスを買ったりした方が良いということになる。
 車体に広告を張り付けたりはしていない。フレームが頑丈にできているので重いのが難点。電動アシストなので走り出すと軽い。
b0113219_20510103.jpg
 
 施錠/解錠カード
b0113219_20531082.jpg
 
 カードをスタンドに乗せ、解錠する。
b0113219_20523238.jpg
  
 速やかに自転車を引き抜く。カードを忘れないように。
b0113219_20541500.jpg
b0113219_20544212.jpg
b0113219_20551588.jpg
 
 自転車をスタンドに戻して施錠するには、逆の動きになる。やはりカードを忘れないように。
 
 この日は富山駅前から再生が少しずつ進んでいる西町へ向かった。富山地鉄市電沿いに南下し、松川に架かる桜橋に至ると一気に開花した桜が見事だった。
b0113219_11241916.jpg
 富山大和が入っているフェリオにシクロシティの拠点がある。その向かい側にTOYAMAキラリ(富山市ガラス美術館+富山市図書館)がある。
b0113219_22363345.jpg
 
 中はこのように温もりが感じられる作りだ。吹き抜けになっており、吹抜け上部の屋根は透過性がある素材で陽光が透けてくる。窓からの光と合わさって、柔らかな明かりの空間となっている。TOYAMAキラリ 富山市ガラス美術館と図書館等複合施設
b0113219_22334164.jpg
 
 時間を掛けて館内と常設展示とギャラリーの個展を見た後、総曲輪アーケードに歩いて移動し、地場もんやの食事処で昼食を摂り、富山市の農家直売の椎茸やレンコンなどを購入。
 写真はホタルイカの天丼とにしんそば。
b0113219_13363733.jpg
b0113219_13363726.jpg
 
 富山城址公園の南西の角にシクロシティの拠点がありそこまで少し歩く。途中にも拠点はあるのだが、堀の周りには桜が植えられている。それを見物。
b0113219_13363714.jpg
 ソメイヨシノは古木が少ない。だんだんと傷んできて空洞が大きくなり風や雪で折れてしまう。戦後に一気に植えられたものが新たな苗木と次々に世代交代していくことになるのだが、若木が大樹になるまでに時間がかかる。古い木も弱った枝が整理されて少し嵩が減る。複層的な桜の並木に変えていければ、いっぺんにすべての桜が小さくなるということもなくなるだろう。
 
 大通りの歩道を走るのは面倒であることも多く、車の少ない裏通りを通ることにした。越中名物のます寿司の工房は市内の至る所にあるが、目立たないところに案外たくさんある。その一軒の高田屋に寄った。磨きの掛かった押し石が美しい。ここのます寿司はマスの切り身が厚めで美味い。
b0113219_13363809.jpg
 
 そのまま駅前へ向かうつもりだったが、市役所の展望塔に上ってみることにした。この日は朝から小雨が続き雲が多かったので、スカイラインがはっきりしていなかったが、気象の割によく見えた。
b0113219_13363881.jpg
 
 見下ろすと富山城址公園や松川の桜が見られる。松川には遊覧船も行き交い、公園内には出店も出て賑やかになりそうだった。この日の金曜夜から週末にかけてチンドンコンクールに関連したイベントが市内のあちこちで開かれた。金曜日の午後から雨が上がったので、満開の桜の下で楽しい時間を過ごせたのではないだろうか。
b0113219_13363822.jpg
 すべての用事を済ませたら、カードを発行してもらった場所にカードを返却し、デポジットを受け取る。

[PR]
by hills_mountains | 2017-04-07 23:59 | 駐輪場などの自転車施設 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー