晩の買い物で豚子袋を見つけた

b0113219_22393954.jpg
 
 
 駅近くのマーケットでどこでもよく見かけるチェーンの肉屋でなんだか綺麗なものを見かけた。管のようなものに見えたのでソーセージのように肉詰めにできそうなものかなと近づいてよく見てみたら子袋だった。子袋を食べたことがあるのかどうだか覚えていない。家庭で食べたことはないはずだ。外食でもどんと鉢に山盛りになって出てくるものではないだろう。あるいは注文しても品切れということが多いのではないかな。全然印象にない食材だ。
 300gほどもあり、量が多いかなと思ったが、熱を加えるとかなり縮む。茹でておいて冷蔵すれば数日は大丈夫だと思う。
b0113219_22393802.jpg
 
 茹でるのと焼くのと両方やってみた。一品目はフライパンに少量油を敷いて焦げ目がつくまでよく焼いてから火を止め、みりんを大さじ1くらい入れて柚子胡椒を溶き、再度火をつけて水気を飛ばしながら柚子胡椒を絡める。甘くない方がいい場合は酒か焼酎などで柚子胡椒を溶く方がいい。おそらく80gぐらい、みりんは大さじ1杯、柚子胡椒茶匙1杯。
b0113219_22393961.jpg
 
 2Lほどの大量のお湯に塩1摘みと生姜小指の先ぐらい薄切りにしたものを入れ、一口大に切った子袋を投入し5分茹でる。しっかりした泡状のアクが浮くので掬う。ザルに上げて冷水でよく洗って水を切る。新玉葱が出ていたので薄切りし水晒しせずに和えられる。辛味のものは粗挽き胡椒や七味唐辛子や和芥子などが手軽でいいけれども、先日手に入れた生七味を乗せた。山椒が好きならどうぞ。
b0113219_20185474.jpg
 
 和えるとオーロラソースのような色になって綺麗だ。
b0113219_22393954.jpg
 
 子袋自体にははっきりとした味がない。脂もほとんどないので、しっかりと味付けする方がいい。湯だけで茹でるのでもいいが生姜やベイリーフや八角や何かで風味付けするといいと思う。
 
 夜8時くらいで自分が買った分を含めて4パックあった。調理に時間はかからないし、脂がギトギトの部位ではないから後片付けも面倒ではない。糖質と脂質が極めて少なく高タンパク。コレステロールはエビと同等ということで少なくはない。ビタミンB軍が豊富なのだが、茹でると水に溶けてしまう成分なので、栄養のことを考えるならば炒めて食べるのが良さそうだ。

[PR]
by hills_mountains | 2017-04-19 23:36 | うち飯 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31