光城山の桜目当てに松本へ移動

 各駅停車だけで松本に午後三時半前につくように横浜を出発。高尾で中央本線の小淵沢行きに乗る。車窓からの眺めは韮崎を過ぎたあたりからがいい。南アルプスの峰々が氷山のように聳えている。ここは山梨県立専門学校農業大学校の農地、長坂駅の近く。駒ケ岳の塊が目を引く。
b0113219_23260750.jpg
 
 小淵沢では駅舎の中の大混雑する立ち食い蕎麦屋「丸政」で食事。15人ぐらいが蕎麦屋を取り囲んでいるが、中の職人はたった一人のご婦人。パニックにならずに無駄のない動きで静かにそばを出し続ける。あまりにも人が多く、人が退くまで10分くらい待つと、たったの3人になった。まだ山賊そばはあった。豚軟骨の柔らか煮込みを乗せた蕎麦が売り切れたところを見た。そのうち食べれるかな。
b0113219_23264291.jpg
 
 八ヶ岳高原線と中央線が分かれていく辺り。
b0113219_23274689.jpg
 
 中央線に乗れば大抵は上諏訪を素通りすることはないのだが、今回は帰りにチャンスがあれば寄ることとし通過。岡谷までの単線区間もさほど遅れなく通過しトンネルを抜けて塩嶺峠を過ぎ、みどり湖に停車。そこから20分以上停車。塩尻を目前に軌道内に侵入者がいるとして上下線とも運転見合わせの上、線路上を人が歩いて点検したのだろう。みどり湖駅は切り通しの中に停車場がある。法面以外に何も見えないので非常に退屈な時間だった。しかも列車には強い太陽光線が降り注ぎ、車内もポカポカの温室状態になり起きていられなかった。
 松本駅に到着し、駅から歩いて数分の宿にチェックインしたのは午後4時前だった。荷物を置いて近所の肉屋に長野産の馬刺しを買いに出かけたが、歩けど歩けど店が見えない。看板のない建物がそれらしかったが、何の手がかりも見えず、ストリートビューで確かめたら、その画像には看板付きで同じ建物で店が営業中の様子だった。何と閉店していたのだ。松本に泊まるにしても夜着いて朝出るような予定で旅をすることが最近多かったので、栄楽肉店にはなかなか寄れなかった。もう何年も行ってなかったからなぁ。地場の珍味を買い込んで宴会にしようと思っていたが、駅の手打ち蕎麦屋でビールで馬筋煮込みや蕎麦餃子(釜揚げと油揚げ)や揚げ出し豆腐などを食して、ちょっとつまみやお焼きを買って宿に戻り、持参した神の河をソーダ水で割って晩酌などし、早めの就眠とした。
 松本駅前の大通り。正面に夕日に染まる山塊は王ヶ鼻。ここには行ってみたいなぁ。
b0113219_23280223.jpg

[PR]
by hills_mountains | 2017-04-23 23:59 | 公共交通機関の旅(輪行以外) | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31