上諏訪駅〜立石公園

b0113219_08451238.jpg
 
 
 上諏訪の宿を出て今日は国道20号よりも山側に残る旧甲州街道を歩いて茅野まで行ってみようと思って歩き出した。しかし、霧ケ峰側の斜面にはところどころ桜が見え綺麗だったため、今まで行ったことのない地区へ桜と諏訪湖を見下ろせる場所を探しに行くことにした。
 上諏訪の郵便局の横に手長神社の石の鳥居があり、その先は長い石段がある。石の隙間にアメリカスミレサイシンが咲いていた。あんまり山の中では見ないなあと思って撮影しておいたのだが、やはり帰化植物であった。
b0113219_08404858.jpg
 
 中学校のグラウンドと後者の敷地の間の舗装路と参道が重なり木の鳥居の前に至る。グラウンドを囲む桜が綺麗だった。社は巨木に囲まれている。背後の急斜面も巨木の森だ。
b0113219_08404991.jpg
 
 一之御柱と四之御柱。摂末社すべてに御柱が立てられており、昨年式年造営された。
b0113219_08404865.jpg
 
 境内の巨木。二本の木が抱き合って一本になってしまった。人の字を思い起こさせる。
b0113219_08404820.jpg
 
 新しい鳥居と御柱。この社の側に長い石段がある。
b0113219_08404939.jpg
 
 手長神社の森に沿ってまっすぐ上がる石段。登ったら何があるのか全くわからない。
b0113219_08404934.jpg
 
 林の斜面に三之御柱が見える。
b0113219_08451170.jpg
 
 登りきると諏訪市の上水道施設があった。レンガ造りで植物に囲まれ、庭園のようだ。桜に囲まれている。満開。
b0113219_08451274.jpg
 
 そこから霧ケ峰に向かう狭い県道40号に出て立石神社に向かう。そこから一旦道路を離れて何やら石段が上に向かっていて九十九折の県道にまた出られるようになっていることが地図で見られた。立石神社は小さな社であって道の山側にあったので見えず、一旦通り越してしまった。境内は小さな児童公園のようで社の周りには新しい御柱が立っていた。そこからさらに石段を上がる。段々畑を見下ろす道に出た。電線もなく見晴らしがいい。旧甲州街道まで降りると街だが斜面はこのような畑や緑地が残る。
b0113219_08451238.jpg
 
 そこからさらに上を目指す。県道を横切ってまた石段を登る。途中にこんな絢爛な景色に出会えた。

b0113219_08451239.jpg
 
 九十九折の県道を辿らず、石段で短絡し続けていたら、立石公園の入口よりも上に行ってしまった。
b0113219_08451240.jpg
 
 県道に出て上に向かって歩いていると法面に白い花を見つけた。野ばらの類だなと思って撮影。調べてみたらモミジイチゴだった。実は美味だということだ。
b0113219_08451373.jpg
 
 立石公園の斜面の最上部あたりにコブシが咲き始めていた。
b0113219_08451397.jpg
 
 立石公園の見晴台があるあたりは日当たりも良く桜が満開であったが、まだまだ蕾のままの桜がたくさんある。5月連休には桜広場あたりの木も咲き始めるのではないだろうか。
b0113219_08451346.jpg
 
 公園の最上部の桜で開花している木があった。道路脇で日当たりがいい場所なのかもしれない。
b0113219_08451317.jpg
 
 樹林内を降りて展望台に至る。あいにくの曇り空だが、車やバイクで訪れる旅人や歩いたり走ったりして下から登ってくる町人が多い。
b0113219_08451436.jpg
 
 公園の駐車場と同じ高さのところに見晴台があり、その下に円形劇場のような雛壇があり、もう一つテラス上の段がある。その下は雑木林になっており途中まで降りていけるようになっている。踏み跡を辿っていくと急なところには擬木の階段がある。
b0113219_08462515.jpg
 
 踏み跡を辿っても急なところに階段がないところに至る。鹿のいる形跡がある。これは角で斬りつけた後だと思う。
b0113219_08462501.jpg
 
 獣道を辿る。
b0113219_08462559.jpg
 
 水音がするので覗き込めば沢が流れている。野鳥の声もたくさん聞こえる。トレッキングシューズで行けそうな所まで下りていくと、公園の下の畑地が透けて見え、林内に小屋がある。降り切ってもすぐに行動には出られなさそうなので、公園の見晴台まで登り返すことにした。
b0113219_08462571.jpg
 
 顔に細かな雨粒を感じつつ公園の出入り口に向かう。砂場にあった面白い遊具。もしかしたら木でも作れるかもしれない。構造が分かるように横からと上からの写真を撮影。実際に動かしても見た。
b0113219_08462699.jpg
 
 公園からの下りは最初舗装道を辿った。前に歩く人がいて私がずっとついて行く格好になった。前二日間の疲れがあるので、案外下りでスピードが出ない。前の人がなんとなく落ち着かなさそうで道の反対側によって前に出させてくれようとした。追い抜きざまに会釈すると話しかけてきてくれた。地元の人で氏の家に着くまでずっと話して下った。
 その後は雨粒が密になってきたので石段の短絡路を選んで時間短縮することに。だけどこの小道歩きが面白い。
b0113219_08462600.jpg
 
 小さな公園に数本の桜が満開だった。
b0113219_08462632.jpg
 
 細道を下ってきて山裾にやってくると屋敷が多くなってくる。この石垣の上には池や築山が残るこの近くの屋敷の庭園だったようだ。この角にも御柱に囲まれた御神体が見られた。
b0113219_08462770.jpg
 
 旧甲州街道沿いの民家の間の路地を抜け、出発点の宿の前を通って上諏訪駅に至った。11時40分ぐらいだっただろうか。列車時刻までまだ間があるので、駅至近の宮坂商店へラーメンを食べに行く。魚と豚骨の合わせ出汁にニンニク焦がし油を入れた「黒旨ぎょってり」こればっかり食べている。
b0113219_08462794.jpg
 
 順調に乗り継いで高尾に至り乗り換えた。特別快速で三鷹まで行き、そこで夕食を食べてから帰ることにした。
 5時に中華名菜 餃子菜館に入店し話をしながら食事。会計を済ませて退店しようと思ったが、店主の先代の女将さんが安曇野あたりに住んでいたことがあるということで、そこからずっと話が続いて店を離れたのは9時過ぎてから。自宅最寄駅には11時着。

[PR]
by hills_mountains | 2017-04-26 23:59 | ハイキング・登山 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains