「自分の血液型を知ってますか?」献血キャンペーン

 血液型検査は新生児のうちはやらないので頃合いを見計らって検査してもらわないといけないそうだ。生後間もなく医者から教えてもらった血液型が後で確かめたら違っていたということもよく聞く。親が依頼しないと必要となるまで知らないで過ごすということもままある。かくいう私がそういう者の一人だ。ハーフマラソン大会の申込みで血液型の記入が必須であり、そのために献血ルームで献血したのだ。なんと30歳くらいだったと思う。それまで血液型を知らなかったことで、妙な性格の枠付けをされることがなく良かったと思っている。
 病院へ行けば治療ではなく検査ということで保険は効かない。費用は各医院によって異なる。献血の場合は無料である。神奈川県の献血メールクラブという登録献血者のMLでは本日こんな投稿がなされた。

 
 まだ献血のご経験のない方の積極的なご協力を募り、将来にわたり献血を続けていただけるきっかけとなるよう、ご家族、または、お知り合いで、ご自身の血液型をご存じない方、献血のご経験のない方を対象に実施いたします。
★キャンペーン名
「自分の血液型を知ってますか?」献血キャンペーン
★期間
平成29年7月21日(金)~9月30日(土)
★会場
神奈川県内献血ルーム
★対象者
献血に初めてご協力いただける方
★参加方法および特典
神奈川新聞発行の学生向けフリーペーパー「H!P」7月号掲載の同キャンペーン「プレゼント引換券」を提示、または、「自分の血液型を知ってますか?献血キャンペーンに参加します」とお申し出の上、献血にご協力いただけた方へ・・・
「血液型別オリジナルけんけつちゃんぬいぐるみキーホルダー」プレゼント!
さらに!!1年以内に再度献血にご協力をいただけた方へ・・・
特典2「けんけつちゃんボールペン・シャーペンセット」プレゼント!
神奈川県内では、献血可能な人口の減少と高齢化により、輸血に必要な血液は、将来大きく不足することが予測されています。どうぞ、同キャンペーンをお伝えいただき、献血へのお声かけをいただければ幸いです。
■献血ルームご来場の際は、献血の条件等について、必ず事前に下記よりご確認をお願いいたします。
http://www.jrc.or.jp/donation/about/
■県内の献血ルームについては、下記よりご確認をお願いいたします。
http://www.jrcs-kanagawa.org/ketueki/
 
 
 献血に協力できる年齢層のなかで一番元気なはずの年代が献血に来ていないようだ。私が頻繁に訪問している献血ルームでも30〜50歳くらいの人が多く、男女比では圧倒的に女性が多い印象だ。高校の制服を着て献血にくる者もいるが女子が多く、男子は非常に少ない。時間の使い方の自由度が増す学生は予想に反して非常に少ない。血液型を確かめるのを機会に献血ルームへ行って見ることを勧める。血液型判定テストの結果が書かれた書類を見たことがないという場合は、正式な検査を受けていない可能性がある。

[PR]
by hills_mountains | 2017-07-20 23:38 | 献血/骨髄バンク | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30