JR東海休日乗り放題キップの 越境入手が面倒だ(`n´)

b0113219_0165643.jpg

JR東海の熱海~豊橋、御殿場線、身延線が乗り放題。この切符は国府津では買えず、「御殿場線では御殿場まで行かないと買えません。※」と駅員が言う。そこまで切符で行き一時間に1本程度の列車を途中下車して買う? ということでJR東日本圏内からは熱海発がいいとなります。熱海の新幹線乗り換え口のみどりの窓口に行きましょう。
(`n´)業務提携しろ!
 バリアフリーとかシームレスとかがインフラサービスの基本になりつつあるのに、なんという遅れでしょう。
国府津は新幹線が通っていないからJR東海のオフィスがないということなんでしょうが、それなら東京駅で金曜の夜から前売りしてくれい!国府津でもいったん改札出ちまってから「国府津駅ではJR東海圏内のフリーきっぷは買えません」と張り紙が出ているのだ。改札出る前に気付くようにしなさい。プラットフォームで気付くようにしてくれい!熱海でも海側の出口にはJR東日本の窓口や券売機しかないし。改札出る前に「JR東海のみどりの窓口は新幹線乗り換え口方面です」とか看板出せい!

JR東海ウェブサイトのお得なきっぷのページでは、

[発売箇所]
● お求め、お問合せはフリー区間内の(国府津・甲府を除く)<JR東海の主な駅、主な旅行会社の支店・営業所>までどうぞ。

とあるが、「主な旅行会社の支店・営業所」にも「フリー区間内の(国府津・甲府を除く)」の句が修飾するのだろうね。

往路は横浜市内のある駅より熱海まで1110円、復路は御殿場線国府津駅から横浜市内まで740円。計1,850円がフリーきっぷの2,600円の他に必要。今日の運賃は計4,450円。これ得だったのか。
 フリーきっぷエリア内も通常運賃で移動していたらどうなるか。まず横浜市内からから由比まで2,210円。由比から興津まで180円、興津から富士宮まで480円、富士宮から東海道線経由で横浜市内まで2,210円。締めて5,080円。
 10時過ぎに出発し、途中下車できる場所の数が限られてしまった。自転車輪行しなかったので、途中下車している間の移動時間もかなりかかっている。本日は約11.5kmをのんびりと歩いている。2時間20~30分ぐらいだろうか。自転車だと30~40分ぐらいのはずだ。
 青春18きっぷ期間でない時はおおいに使える休日乗り放題きっぷだが、丸一日ばっちり乗りまくる気でないと金銭的にはあまり旨みはないなぁ。今度使う時は、熱海まで自走し、、、待て、、、そこまで行くのなら箱根を越えた方が早いよなぁ。。。箱根越えたら静岡県内は自走しちゃうよね。そうなると日帰りの場合は輪行は復路だけ?

※ 後日、松田まで行けば休日乗り放題きっぷを買えることが分かった。小田急沿線の方は新松田まで出て松田からフリーエリアに入ることができます。横浜の私は往きは松田まで自走してみよう。
[PR]
by hills_mountains | 2010-12-05 23:59 | 公共交通機関の旅(輪行以外) | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31