岩泉町 ボランティア初日

b0113219_20343473.jpg

 暖房なしの道場の床にウレタンマットを敷いてある。自分の場合はウレタンマットの上に毛布を縦に二つ折りにして敷き、その上に寝袋を置いている。寝袋は知り合いからもらったが、数年そのままになっていたもの。羽毛ではないので嵩張るが、保温性は非常によい。お陰でポカポカ。起床して裏返して水分を飛ばしている。
b0113219_20270175.jpg
 
 宇霊羅(ウレイラ)山。B&Gの背後に聳え立つ石灰岩の山。
b0113219_20272151.jpg
 
 岩泉町社会福祉協議会が置かれているふれあい交流福祉館。
b0113219_20274505.jpg
 
 派遣先の仕事の種類によって道具を借りていく。
b0113219_20281153.jpg
 
 本日は中里に派遣された。その公民館。浸水して風呂や炊事場が使えない世帯が多く、ここで食事や風呂に入る方々も多いそうだ。
b0113219_20283625.jpg
 
 土砂の堆積した水田。乾燥してひび割れている。刈り取り前の稲が泥に呑まれているのも見た。
b0113219_20294038.jpg
 
 作業場所までの移動。
b0113219_20300841.jpg
 
 旧小学校の木造校舎は壁や窓が外れていた。その手前の水路には柵が設置されていたが、本流の流れが増水で広がったため、なぎ倒されている。
b0113219_20305600.jpg
 家の中から掻き出された土砂の山。
b0113219_20313530.jpg
 
 今日実際に作業した場所。家の外回りや道路回りの土砂の移動や土嚢袋詰め作業。
b0113219_20322700.jpg
 
 昼休み中に空を撮影。
b0113219_20330106.jpg
 
 午後の作業の成果。
b0113219_20343473.jpg
 
 朝のボランティア登録やオリエンテーション、移動、片付けなどで現場での作業時間は午前が二時間、午後は一時間半といったところ。3時頃送迎車でふれあい交流福祉館に戻る。車窓から切り立った断崖を撮影。
b0113219_20350129.jpg
 
 道具の消毒が済んだら解散。着替えを持って風呂へ。ホテルの浴場を使わせてもらえる。
b0113219_20353195.jpg
 
 風呂のあとは買い物。晩御飯の買い出しをする。この他に、かぎや、たけや、LAWSON、薬王堂(大型ドラッグストア)がある。
b0113219_20355538.jpg
 
 今晩の飯。
b0113219_20363967.jpg
 
 岩泉町の地酒。八重桜本醸造。
b0113219_20371067.jpg
 
 差し入れられた松茸を使ってB&Gの方が吸い物を作ってくださった。インスタントものではない熱い汁ものはありがたい。豆腐もたっぷり。
b0113219_20373062.jpg
 
 スーパーマーケットで見つけた地場もんのかりんとう。薄く伸して揚げてある。
b0113219_20375087.jpg
 明日はどんな場所に派遣されるかな。鳥取の地震も気になるが、テレビがない。もう寝よう。

[PR]
by hills_mountains | 2016-10-21 19:33 | 災害ボランティア | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains