岩泉町台風災害ボランティア 2日目

b0113219_23500667.jpg
b0113219_11354836.jpg
 
 
 今日も天気良し。
b0113219_20131416.jpg
 
 
 派遣先は向町。川沿いの店舗。解体が決まっているが、泥は片付けないといけない。瓦礫だからと言って無分別で良いというわけにはいかないのだ。白いのは消毒用の石灰。
b0113219_20192200.jpg
 
 
b0113219_20195770.jpg

粘土状になっていて重くてスコップを刺すのが大変だ。土嚢詰めして屋外へ運び出す。
b0113219_20203981.jpg
b0113219_20214385.jpg

厨房の作業過程。
b0113219_20234724.jpg
b0113219_20243249.jpg
b0113219_20250925.jpg

バーカウンター内の作業過程
b0113219_20270288.jpg
b0113219_20274717.jpg
積み上げた土嚢。通りは狭いし、トラックでの搬出がしやすいように狭く高く積んだ。イメージ通りの光景。あっという間に荷台に積まれて搬出される汚泥。
b0113219_20464206.jpg
b0113219_20474057.jpg
b0113219_20481059.jpg
 現場は川面まですぐ近くの風情ある場所。
b0113219_20522105.jpg
 宇霊羅山を仰ぎ見る町。龍泉洞という日本屈指の鍾乳洞がある。
b0113219_21014522.jpg
 古い旅館前。河岸段丘上に向かう坂道。
b0113219_20593365.jpg
 道具は現場前の川原であらかた洗浄してきたので、高圧洗浄器で軽くすすいで消毒液を吹き付けて解散。

 宿舎に戻ってすぐ着替えて洗濯。今日は泥汚れが酷いので風呂を提供してくれているホテルに着たまま行くのははばかられた。お急ぎモードで洗濯。
b0113219_21121749.jpg
b0113219_21221497.jpg

 今回は車に便乗させてもらって龍泉洞近くの温泉を使わせてもらった。被災住民の方々の避難所にもなっており、お年寄りから子供まで色々な人々が集う雰囲気は悪くはなかった。水害にあったら家が乾いて床や壁が張り替えられて畳が入るまでは住めない。2階は浸水した部分がリフォームされるまでの物置代わりになってしまう。早い復旧には人手が必要だ。水害の片付けは重労働だけではない。
 神奈川からの弾丸ボランティアバスも来ていて浴場は大混雑だった。ゆっくりはできなかったが、泉質は浸った瞬間にピリピリっとするようなさっぱりする湯でたいへんによかった。
夕食と翌朝昼のための買い出しに出掛けた。同宿の人たちと話をしながらの晩酌は楽しい。

[PR]
by hills_mountains | 2016-10-22 20:11 | 災害ボランティア | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30