トップジンMペースト(チューブ)

 庭木を切ったら、傷口に塗る殺菌被覆材。今まで防水のために木工用ボンドを塗っていた。それでも癒合の早い樹種は切り口から腐りこむことなく完全に切り口がふさがるのだが、傷口のふさがりが遅い木もあり、切り口が腐り始めているようなこともある。それでも幹が枯れてしまうことはないのだが、できれば健全な状態で早めに治ってもらいたい。横須賀の大ホームセンターで608円。
b0113219_19553741.jpg
 
 このようなチューブ入りの他に、タブ入り刷毛付きの大容量のものもある。
b0113219_19561354.jpg
 
 切り口にこのように塗るだけ。自分は人差し指で塗り広げている。刷毛を使ってもいい。
b0113219_19562623.jpg
 
 うちの近所でもそうだけれども、植栽の樹木や果樹が大きくなりすぎると、電線に当たる、隣の敷地にはみ出していく、根張りが大きくなりすぎて擁壁や煉瓦積みを歪めてしまうなど困ったことにもなる。大体の家が樹木の天を切って低木状にし枝も切り詰めて葉の量を少なくして幹が太らないようにしているようだ。何もしていなかったうちは木が大きくなりすぎて根元から伐採したり、植栽の土留めのレンガを組み直したりしている。うちも樹勢を抑制するために天は切って幹が高く伸びないようにはなっているが、枝はかなり整理せざるをえず、こういう手当てをすることになっている。おかげでうちの樹木は切っても切っても幹に腐れが転移することなく活きがいい。

[PR]
by hills_mountains | 2016-11-06 21:34 | 生活一般 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30