献血180回目

 初の献血は、2001年11月20日。30歳代始めの頃、翌年6月にハーフマラソンに参加することを決定し、その申し込み用紙に血液型を書くことが必須であったため、「たしかA型」と言われていたのを確かめる必要があった。今は閉所されている横浜市上大岡の献血ルームで所要時間が短い全血400ml献血をした。あれから15年、最初の頃はさほど頻繁に献血していたわけではないし、健康状態もあるから最短の間隔でずっと通っていたわけではない。しかし15年といえば180ヶ月。そして、本日180回目の献血を終えた。平均すると月に1回は献血してきたことになる。
 もし献血が可能になる18歳、あるいは何かと広告で耳目にする20歳から始めていれば、月1回献血するとしてもさらに120〜144回は献血できた算段だ。
 今二十歳そこそこの人は元気なうちに献血を始めよう。現代のバイオテクノロジーをもってしても血液を作ることはできない。血に問題を抱えている人々や事故や緊急手術で輸血が必要な人々のため、あるいは将来同じように自分や家族が困った時のために、安定した血液準備量を維持しておく必要がある。
 献血することで一番良いことは血液の成分分析をしてくれることと心拍数や血圧を測定してくれること、あるいは最後に心電図をとってから1年を超えた場合はルームで測定してもらえる。体重計もある。月に一回でも献血していれば、自分の体の変化に気がつきやすいのだ。
 企業が記念品を供与してくれているが、数は少ない。今回は、今回の献血の記念にレトルトのカレー1個、ここ数ヶ月で積算された20ポイントで食器用洗剤1本をもらってきた。前にもらった洗剤がちょうど空になったタイミングだ。
 神奈川県赤十字血液センターのマスコットのけんけつちゃん誕生日記念の樹脂製カップをもらった。冷たいものを注ぐとけんけつちゃんが赤くなるらしい。400ml献血の協力者紹介カードというものも渡された。周りの知人を見渡しても献血したことのない人というのはほとんどいないし、献血に適した元気な人は少ない。どこか公共の掲示板にご自由にということで貼っておくか。
b0113219_17225019.jpg

[PR]
by hills_mountains | 2016-11-14 19:00 | 献血/骨髄バンク | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30