20日晴れ、下草刈り

 金沢自然公園の中でも立ち入りが制限されている場所は結構ある。狭い緑地だが古の山の姿がほんの一部だけ残っているエリアに入った。沢の頭で蛍が出るようなところだ。作業場所の写真を撮るのを忘れてしまった。その近辺の紅葉はしっかり撮影した。
b0113219_13523512.jpg
 
 大きなナギ型鎌で笹やアオキを刈り、林床の植物が圧倒されないようにする。竹の侵入が始まっており、それも心配なエリアだ。今日はそこまでたどり着いたが、竹は数本のみ刈ったが、竹の最前線を後退させるところまでは至らなかった。しかし、次にそこから始められるようにしておいた。先日、鏡面仕上げしておいた鉈で竹や灌木の枝を払ったり短く切ったりしたが、普段よりも摩擦抵抗がなくパチンパチンと材の離れよく断つことができた。作業も楽になる。
 午後は別の活動エリアに歩いて移動し、竹炭焼きの準備として窯の長さに合わせて竹を切り、4つに割く作業だが、人数が多いので私は一人その現場に面した道路の歩道際に生えた山の草木を刈って片付けた。コンクリート法面と歩道のアスファルト舗装の境目に根を割り込ませて生えている灌木は夏に刈ったのにもうひこばえが出てしまっているが、まだ丈が小さいので置いといて、今日は歩道の縁石とアスファルトの間に根を割り込ませて生え車道側に枝を伸ばし始めた大型の雑草や灌木を刈り取った。自転車で車道を走っていると足に当たるような茂り方になっていて気になっていた。この区間は沿道に民家や事業所がないので、近隣の方やグループなど誰も作業しない。近くには金沢自然公園や動物園があるから、管轄の金沢区土木事務所が手を入れるべきだと思うが、草木を刈って一番大変なのは切ったものを集めて処分することだ。今回刈った区間は100mくらいしかないし、生えている雑草木の1/5くらいしか刈っていないが、一輪車に山盛り一杯の量になる。歩道の左右の草木を始末すると大量の屑が出る。軽トラック山盛り1杯分ぐらいは出る。人通りはかなりある。車道は車の通りが非常に多い。保安員を一人つけて綺麗に作業してもらいたいものだ。
 全部の作業を終えて道具小屋に撤収した後、山林作業で間伐した材で原木栽培しているシイタケがたくさん出ていたので収穫した。大きいものは鉄板で白焼きにし、薄口醤油を差した。
b0113219_06075203.jpg
 
 残りは野菜や厚揚げや鶏胸肉とともに炊いて味噌汁にした。
b0113219_06075250.jpg
 
 植菌して長らく出てこなかったクリタケもうっちゃられていた原木から出ていて、この汁にも入っている。会の財政は会費やバザーなど自助努力でなんとかしている。こういうのがささやかな報いだ。

[PR]
by hills_mountains | 2016-11-20 23:59 | 山林作業ボランティア | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30