網戸の枠のモヘア交換

 これがモヘア。網戸の枠の左右(あるいは左だけ)に付いている。黄金に輝くものが新しいもので毛足が長め。手前のボケたのがもともと枠に付いていたもの。もともと5mmくらいあるものだと思うが、3mmぐらいになっている。ところどころ毛も抜けているし、ちょっと触ると脆くなった毛が切れて舞う。これをレールから外す。
b0113219_17342563.jpg
 元々のモヘアはアルミのレールの一点を押しつぶして圧着固定されているが、新しいモヘアの土台は少し幅が狭めなので何もしないとレールからすべり落ちようとする。なのでレールの端から楔になるようなものを前回の作業では差し込んで摩擦で止めたが、今回はホットメルト(ホットスティックともいう)を使って脱落を防止した。グルーガンだと電源が必要だがホットメルトはもともとジッポーのようなオイルライターで炙ってアウトドアで使ったりしていたので、私は今でも直火で炙って用いる。ライター一本ですぐ融かすことができグルーガンのように溶けすぎた状態で常に使わねばならないわけではなく、作業しやすい量と柔らかさになるように炙ることで綺麗に作業できる。
 持ち運びに便利なことこの上ない。防災用品やアウトドア用具としても常備したい。
b0113219_17342616.jpg
 
 数年前にモヘアを交換した時に全ての網戸で付け替えができなくて、新たに10m買って本日は6箇所の窓で更新した。小さな窓は網戸自体あまり動かさないので左だけ取り付けた。先の記事でも取り上げたが網戸は右側に固定して使うことでガラスサッシとの隙間が最小になるから、右のモヘアは網戸を左に寄せて使うのでない限り、右のモヘアは一切仕事をしないのだ。
b0113219_17342524.jpg
 
 あと2枚の網戸の作業ができなかったが、足りなくなったモヘアは他の網戸の右のモヘアを外して付け替えることもできるな。これで追加購入は10年以上先まで必要なさそうだ。

by hills_mountains | 2017-06-19 18:33 | 家電や住設のメンテナンス/修理 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31