サータアンダーギー(荏胡麻入り)

b0113219_16303867.jpg
 
 自宅の片付けでもう数十年経過している自転車用の電池電灯を見つけた。プラスチックには無数のヒビが入っており、捨てることにして解体したら、板バネとして使えそうな鉄板が出てきた。粉ふるい器のハンドルに仕込まれたステンレスの板バネは折れてしまい、家電を解体処分したときに見つけた少し薄めのステンレス板で直したことがあった。空回しの状態ではなんの支障もなくバネは働いたが、粉を入れるとその摩擦抵抗に勝てず撹拌金具の反復運動ができない。なので、新たに厚手の板バネを切り出して、交換することにした。写真の万能バサミは金属板だけでなく絨毯や段ボールや自転車のタイヤなどのゴム製品などを切ることができるので、加工や解体廃棄まで幅広く使える優れものだ。針金や電線は苦手だ。それらはワイヤーカッターを使う。真ん中の金属片が板バネの素材。同じ色の金属板がハンドル内に見えると思う。ふるい器にいっぱい粉を入れてもちゃんとバネで戻るようになった。
b0113219_16310569.jpg
 
 で、早速そのふるいにかけた粉で作ったのがこれ。
b0113219_16314445.jpg
 
 前回初めて作ったときにもうコツを得たので、焦げる前に芯まで熱が届くように一個あたりの量を調整できる。油温度や油からの引き揚げ時も膨らみ具合と箸で持った時の感触と重さでわかるようになった。前回は膨らみきっていない物がいくつかあった。今回は全部うまくいった。
b0113219_16303867.jpg
 
 卵2個、ブラウンシュガー120g、ごま油大さじ4、塩小さじ1/2、ベーキングパウダー小さじ1と1/2、薄力小麦粉200g、そして胡麻ミルで挽いた荏胡麻大さじ2くらい。きな粉とかを入れてもいいかもしれん。
 これはコーヒーに合う。コーヒーはタンザニア キゴマ ディープブルー AA。焼いてから3週間経ち香りも味もしっかりしてきてまろやかさも増している。

by hills_mountains | 2017-06-21 16:30 | うち飯 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31