花粉観測データー発信機ポールンロボ、始動

 Weather News Inc.から花粉観測地に選抜され、ポールンロボを貸与された。昨日は設置作業の途中で本降りになったので、本日残りの作業を実施。キットの中にロボを吊るすストラップがあったが、設置する角材には付けられなかったため、ワイヤーハンガーのフック部分を切り取り番線同様に使うことにした。ロボの落下の心配はない。
b0113219_13414106.jpg
 
 昨日取り付けたエアコン配管スリーブ/キャップの蓋に10cmほどの穴を開けて観測機から伸びている電線のジャックを通せるようにして電線を壁の向こうに通す。隙間は雨水や砂塵や虫の通過がないようにエアコン配管パテで塞いだ。ロボは返却しないといけないのでシリコンシーラーなどで埋め固めないことにした。このパテは油粘土のようなもの。
b0113219_13414038.jpg
 室内側も一応隙間を埋めておいた。
b0113219_13414041.jpg
  
 
 
 あらかじめ無線LANに接続設定してあったロボの電源コードをアダプターにつなげば、ロボは稼働し始める。
b0113219_13414197.jpg
 
 窓のアルミ製雨戸を閉めた状態でも通信が可能だった。これでいつでもデーター通信が可能だ。ロボとWNIのコンピューターが定期的にやってくれるらしい。
b0113219_14164224.jpg
 
 こういう画面で観測データーを確認できる。実際に一般のWeather News Inc.会員がデーターを活用できるのは、多くの観測点で設置が終わる頃、今月下旬に花粉Chがオープンしてから。
b0113219_14165704.jpg
 


第2回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
Commented by minami9904 at 2018-01-18 14:50
こんにちは。まさしと申します。
私は花粉症ではないのですが、
酷い人は大変みたいです。
これが役に立つと良いですね(^-^)
詩を書いています。
Commented by hills_mountains at 2018-01-19 02:28
くしゃみは体力を消耗しますし、鼻炎は呼吸を浅くしてしまいますから体にはよくないです。なんとか症状を軽くするように努力しています。
花粉飛散量の予報は今のところ防備を軽く済ませるか厳重にするかいう判断の助けになるくらいのものですが、観測機が日本全国に満遍なく配置されればきめ細かい予報が可能になります。
Commented by hills_mountains at 2018-01-19 02:31
それに、うちに百葉箱を置くかのようで楽しい(*⁰▿⁰*)
by hills_mountains | 2018-01-18 14:23 | 生活一般 | Comments(3)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31