野毛山動物園1

b0113219_20434951.jpg
 
 
 
 午前中、横浜駅東口での195回目の献血後、横浜橋の南、三吉橋にバスで移動。
b0113219_20434871.jpg

 写真のものは酔來丼400円。酔來軒で昼食を摂ったあと横浜市中央図書館に移動。普段歩かない道も通ったので初めて見るものもあり面白い。ここは京急高架下(黄金町〜日の出町)
b0113219_20434860.jpg
 
 鎌倉街道を渡り日ノ出町駅方面には向かわず、丘の上まで細道を上がり野毛山へ。
図書館内は換気が悪く異様に暑かったため、本を借りて外に出たらすこぶる爽やかに感じ、すぐ駅に向かうのではなくてツツジの綺麗な野毛山公園の方に歩き始めた。そのまま階段の細道を降りて黄金町駅の方に降りようかと思ったが、動物園によってみることにした。
 入ってすぐの辺りにレッサーパンダがいる。すぐに目についたのはこの小屋。結構しっかりした作りだ。ちゃんと継ぎ接ぎの木組みで建てられている。竹の内壁も非常にいい。大工の仕事だ。
b0113219_20434982.jpg
 
 フラミンゴ。色鮮やかだ。水辺の鳥はこの他にも数種類いる。
b0113219_20434943.jpg
 
 大型獣はライオン、トラ、シマウマ、ツキノワグマ、キリンがいる。かつてはシロクマもいたそうだが、今はいない。
 このキリン。観客が集まっている一角にいたが、そこから離れて歩き始めた私に着いてきて柵の外に頭を出して間近で草を食み始めた。皆からの羨望の眼差しを浴びながら、向かい合わせでしばし佇む。
b0113219_20434951.jpg
 
 チンパンジーのほか猿が数種類いる。猛禽類は大型のコンドルやハゲワシなど数種。クジャク2種と国鳥のキジもいる。ペンギンもご覧の通り数羽いる。一羽だけラッコみたいに腹を見せながら毛づくろいしている。
b0113219_20434997.jpg
 
 写真は撮らなかったがトカゲ、ヘビ、カメ、ワニなどの爬虫類館もある。タナゴやモツゴ等の横浜の小川にもよくいた魚類も飼育展示してある。

 ふれあい広場の烏骨鶏。羽毛がモサモサしている。
b0113219_20434963.jpg
 
 モルモットがたくさんいる。一頭一頭顔が違うということで、数十もの顔写真が名前入りで掲示されているので、通って名前を覚えよう。
b0113219_20435061.jpg
 
 マウスたちもたくさんいる。腰高の台の上にいてそこから降りれないのだが、立ったまま手を差し伸べると腕を登ってくる。気を抜いていると肩から首の後ろまで行ってしまう。しゃがんで手を伸ばせば腕は台より下になるので、一気に登ってくることはない。昼前と三時前にマウスたちの大綱渡がテント下に張り巡らされたロープの下で見られる。今日は終わった後だったので見られなかったがねずみ返しの手前までは登ってきているのがいて写真を撮ることができた。
b0113219_20435092.jpg
 野毛山動物園は山の斜面にあり、1、2時間あれば全ての動物を見られる。いい運動になる。思っていたよりも人が来ていたし、割合に動物との距離も近い。面白かった。入場無料。4:30閉園だ。中央図書館に来た時には寄ってみよう。マウスの綱渡りはぜひ見たい。

[PR]
by hills_mountains | 2018-04-26 23:54 | 献血/骨髄バンク | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31