ひどく汚れたPCキーボード洗浄

 DELLとSOTECのデスクトップパソコンはWindows XP SOTECのごっつい方は清掃後最初の通電では起動しなかったが、内部の配線の抜き差しをして電源を入れ直したらちゃんと起動したが、このパソコンでは現在ウェブ経由でデーターをやり取りする仕事では使えない。Windows 7のDELLは電源が入り電源スイッチのLEDには全くエラーサインは現れないのだが、システムの起動ができない。冷却ファンが回り、DVDディスクドライバーとHDDも通電して動き出す音がするのだけれど。
 Windows 7はまだサポートが終了していない。メモリーも2G、サポート終了までは仕事で使うことができたはずだったが、買ってからメンテナンスを一度もせずに使われていてだいぶ調子が悪いのだろう。持ち主曰くDVDドライバーは壊れているというから、WindowsのDVDディスクで起動して再インストールということもドライバーを交換しないとできないようだ。本体のデリケートな部分の故障ではどうしようもない。どちらもメモリーやHDDなどの部品を取り外したら解体して資源回収に出すとしよう。キーボードやモニターはちゃんと機能するのでこちらは売りに出すのがいいだろう。
 キーボードは埃、皮脂&スナック菓子の油(?)、飲み物をちょっと溢したような染みがたくさん。使わないでおいておいたからだろうがカビも見える。なのでキーボードを2つに分解し、汚れがほとんどない電気的な信号を扱う基盤とスイッチを含む下部は手を付けずにおいておいて、タイピングキーの部分を水と洗剤とブラシでゴシゴシ洗った。
 写真左、わかりにくいと思うが埃だらけ猫の毛も少なからず見えた。キーの上に白い点が見えるがカビだと思う。右上、裏のネジを全て外すと上下を分離できる。右中、タイピングキーの方は電気接点や電子回路は一切なく、全てプラスチックなので食器用洗剤でよく洗い、すすぐ前にしばらく放置して汚れを分解させる。泡がなくなるまでよく濯いでから水を切り表面の水滴を拭き取ったら風通しの良い場所に1日以上立てて乾燥させる。
b0113219_23473575.jpg
 
 写真左上、SOTECの方はキーのベタベタ感はなかったが埃と液体溢しの汚れはひどかった。こちらは底面のネジを全て外しても、タイピングキーとスイッチ基盤の2つには分離しない。写真右上・左中、キーをいくつか外さないとネジが現れないようになっている。キーの下のネジを全部外すと上下に分離できる。DELLと同じでタイピングキーの方は全部プラスチックなので洗剤と水とブラシでよく洗い、すすぐ前に放置して汚れを分解させる。泡が見られなくなるまでよく濯ぐ。水気を拭き取ったら1日以上風通しの良い場所で乾燥させる。左右下、プラスチックの黄ばみは治らないが、キーの裏の液溢しの汚れと埃はなくなった。これらは中古で売るつもりだ。
b0113219_23473508.jpg
 
 もっと早めにメンテナンスしておればPC本体も不具合なく使えたかもしれないのに残念だ。
 本体はネジ二本緩めれば側面板を外せるのでデスクトップパソコンの中は簡単に覗くことができる。スプレー缶入りのダスターがあれば中の塵芥を簡単に吹き飛ばすことができる。屋外でやったほうがいい。キーボードの隙間の埃も同様だ。毎日仕事で使うPCは月に一度は清掃したほうがいい。ファンの周りも良くなり安定感が増すし音も静かになる。

[PR]
by hills_mountains | 2018-05-18 23:59 | 家電や住設のメンテナンス/修理 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー