一回30分までで162円、ポート間を移動

 横浜市西区、南区、中区の繁華街や庁舎のある臨海部市街地のあちらこちらに貸し自転車の置場(ポート)があり、あらかじめウェブ上で登録して支払方法をICカードやクレジットカード払いに指定しておくと、無人のポートに停められた自転車の端末で手続きすることで貸し出しも返却も簡単にできる。
 一つの自転車を占有している時間30分ごとに162円かかる。そのほかに月払いの登録もできる。ポートにもなっているセブンイレブンのマルチコピー機で1日パスを販売していて観光にも便利な乗り放題の利用もできるそうだ。
 電動アシストの性能はなかなかいい。横浜駅東口そごうの立体駐車場先の水上バス乗り場近くにポートが一つあり、そこから紅葉坂経由で野毛山動物園のポートまで行ったが、登りは非常に楽だ。東口から野毛坂までバスがあるが、所要時間は最短距離で動ける自転車の方が早いかもしれない。
 図書館に寄ってから、日本大通り沿いの真金町までまたbaybikeで移動。
b0113219_02522201.jpg
 お食事処一番真金町店で借りた本を読みながらビールを飲んであとはバスで帰った。横浜の中心街では自転車駐輪場少ないし非常に混んでいるために、自分の自転車で横浜駅、桜木町駅、関内駅近辺にはなかなか行けない。公共交通機関で行って後はbaybikeを利用する方がいいだろう。
[PR]
by hills_mountains | 2018-05-31 23:59 | 自転車旅/輪行/ポタリング | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30