換気扇とガス台の掃除

 いつも通り、ガス台(琺瑯)のと換気扇のアルミフィルターやファンなどを掃除し始めたのだが、重曹を油ギトギトのところに振りかけて擦ると油が絡め取られると聞いていたのでやってみた。垢が取れるように油が重曹に絡め取られて黄色っぽいカスになった。その後、食器用洗剤で洗い流すと表面と指との間でキュキュと音がするくらいきれいになった。
b0113219_01431081.jpg

 勢いづいてレンジフードも表に出して重曹を振りかけて擦って油を引き剥がした後、食器用洗剤で洗浄した。普通ならこの辺で終わりにするところだが、換気扇のシャッターが汚い。粘度を増した油の蓄積で動きが重い。これをどうにか掃除したかったのだが、換気扇のフレームにはファンとシャッター開閉のためのモーターなど電気配線が成されているし、高所の狭いところをいたずらに時間をかけて布で拭いてもさほどきれいにはならない。なので、フレームを壁から外し、電気系統を取り外して重曹と食器用洗剤で存分に洗浄することにした。油のせいで塗装面はすでに劣化し始めている。重曹と食器用洗剤で上段の状態から下段の状態にした。シャッターだけでなくフレーム全体も歯ブラシなどを利用して重曹を油にすり込み、できるだけきれいにした。
b0113219_22355260.jpg
 
 モーターなどパーツクリーナーをしみこませたウエスでよく拭き上げる程度にし、フレームに組み戻した。
 屋外の換気扇フードも汚いのであるが、そこは柔らかい汚れのみ布で拭き取り、乾いてカサカサになっている油膜はそのままにしておいた。ここは油を溶かすような強力な洗剤でもない限り傷つけずにきれいにするのは難しい。また、金属ではなくて樹脂製なので将来の外壁塗装などの際にステンレスのものと交換するなど考えよう。
 電源プラグを差すアウトレットが油でベトベトになっていたので、ジャンク品から探してきて交換した。
b0113219_23145019.jpg
 
 洗浄後の換気扇。羽もフィルターも金属製だ。アルミのフィルターは非常に汚れを落としにくい。薄くてもパンチされた穴の側面の汚れは残る。重曹や食器用洗剤では完全に除去するのは難しい。次回の清掃の際に自転車チェーン用のリモネン洗浄剤をキッチンペーパーにしみこませてフィルターに貼り付けて一晩くらいおいてみるとしよう。
 何はともあれ換気扇は軽く作動するようになった。フィルターの空気抜けも良い。
b0113219_22355203.jpg
 
 ガス台と換気扇周りがきれいになると、正面と側面のタイル壁への油跳ねが気になり、そこも掃除。タイル面はふだんウエスで拭いているので頑固な汚れはない。しかもタイル面は汚れが簡単に落ちる。そこが終わったら側壁のタイルに覆われていない区分への油跳ねが気になり、そこも食器用洗剤を薄めたものをブラシに付けて磨いた。ビニールクロスなので多少の水分は壁内部へ浸透することはない。ただし洗剤液の使用は床への液だれを起こさない程度にする。かなりきれいになった。ここは汚れやすいので建築時に最初から全面タイル貼りになっていてしかるべきだと思うが、デザイナーに生活感覚がなかったのだろう。ここはそのうちにタイルで覆って掃除しやすくしようと思っている。そのうちと言いながらもう2年以上経っている。ちょうど都合の良いサイズのタイルが見つかれば良いのだが。最近はホームセンターに行くとタイルを見に行く。
b0113219_22355177.jpg
 
 こういう徹底的な掃除も時々やらないといけないなぁ。サボると油の粘度が高まり、ひどい場合はワックス状に固まってしまう。本当は中華料理屋みたいに暇さえあれば油を拭き取るようなこまめな手入れが一番労が少ない。見習うべきかな。使う洗剤の量も減らせるだろう。

[PR]
by hills_mountains | 2018-08-13 23:59 | 家電や住設のメンテナンス/修理 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30