昼飯前後に柿の剪定

昨日の梅の手入れと同じ。この柿は昨秋主幹や主枝を切って低木にする作業を始めたもので、新しい芽をたくさん出してきた。昨秋の作業で出来た大きな切り口も癒合が始まっている。実もけっこうたくさん着いたらしいが、風で落ちたものが多かったようだ。それでもまだたくさん残っている。
徒長枝、垂れ枝、立枝、逆さ枝、胴吹き枝、癒合を妨げている切り残し、枯れ枝などを透かし、毛虫の発生を抑えるようにした。葉が少なくなると光合成担当の組織が減るが、枝同士が干渉しあって日の当たらない葉も多かったのが解消されることで効率は上がるだろう。午後は雷雨というパターンになっている。少し作業を残して終了。

他にも低木化が必要な樹木が多く、やることは多いが、本格的な作業は晩秋から冬にかけてだ。

[PR]
by hills_mountains | 2018-08-15 23:59 | 園芸 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30