ケルヒャー高圧洗浄機(雨水タンク100Lから給水)

 上水道水栓に直結しても使えるのだけど、吸入力が強いのか貯め水から給水することが可能。専用のホースと砂塵を濾すためのフィルターも購入しておいた。すべて装着済み。
b0113219_13465896.jpg
 
 雨水タンクにホースを挿し込んでも丸め癖が強くて吸水口が底の方に沈んでくれない。
b0113219_13465835.jpg
 
 道路左端に落ちていた自転車で踏めば大変危険な太いボルトをかつて拾ってきてあったのを思い出し、吸水口近くに縛り付けた。黒い結束具は商品の梱包に使われていたものを再利用できるように切断箇所を選んだ結果、すぐこのように使い道が決まった。
 水底に溜まった砂塵をなるべく吸わせないようにするためには、吸水口は水底に立たせるか、少し浮いているくらいが良いのだろうと思う。
b0113219_13465773.jpg
 
 頑固な苔などはかなりの至近距離から噴射する必要があるため、幅3cmくらいしか水が当たらないのだが、写真の緑色の斑状の苔もきれいに落とせる。掃除の最中、金魚の水槽の苔や藻のような匂いがした。地被類は岩を風化させる力があり、コンクリートも脆くしてしまう。できれば苔は生やさない方が良いだろう。それにきれいなコンクリート面があると、大きな敷物を洗ったりすることができる。今日は曇りで隣家が洗濯物を干していなかったから作業を開始したが、途中で外干しを始めたので駐車スペースの一番汚れていた3分の1くらいを掃除して終了。エアコンの室外機のフィンもきれいにできたので良かった。
b0113219_13465895.jpg
静止画だけでは水勢などわかりづらいだろうから動画にも撮影。
 
 貯め水給水ホースは癖を取るために、錘を付けたまま物干し竿にしばらく垂らしておくことにした。
 貯め水フィルターは砂で汚れるのでこまめに掃除する必要がある。今回も清掃中に1回、作業後に1回洗浄した。ここが目詰まりするとポンプに負担が掛かる。もちろん水圧も下がる。
b0113219_13465898.jpg
 
 今年の大掃除はこれがだいぶ活躍しそうだ。そして自転車も時々洗車する。ブレーキ周り、車輪周りは非常に汚れるので、高圧洗浄ならばブラシなしできれいになりそうだ。

[PR]
by hills_mountains | 2018-09-12 14:53 | 生活一般 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30