消火器買い替え

 町内会の回覧板に防災訓練と消火器の販売・詰め替え・廃棄(リサイクル)の情報があった。新品購入は案外高い。廃棄だけ申し込んだ。新しいものは自分で購入することにした。
b0113219_23540000.jpg
 
 外に雨ざらしで置いているわけではなく、落として変形させてしまったわけでもなく、腐食して薬剤が漏れたあとがあるというわけでもない。極めて美しい外観だ。耐用年数というのもそれを超えたらすぐさま破裂するというものではない。実際耐用年数が8年の製品が一般的だった時代に、詰め替えをしてくれた業者から10年くらいは大丈夫だと言われた。こういうのはヘルメットの耐用年数と同じでどんな扱いを受けていたかが劣化を大きく左右するのだ。
b0113219_23544627.jpg
 
 自治会経由の購入・詰め替え・廃棄の費用はこんな感じ。今回廃棄する費用は1100円。
b0113219_00115758.jpg
 そういえば今の住まいの町内会経由でかつて二度ほど廃棄や詰め替えや新品の購入をした。
以前の住まいから持ってきた古いものを詰め替え。その数年後、それを廃棄し新しいものを買った。それがもう13年も前のことになっている。廃棄(リサイクル)することにした。
b0113219_00094238.jpg
 
 今度注文した物は、モリタユージー 業務用アルミ製畜圧式消火器 10型 UVM10AL
大きさ幅200mm×奥行132mm×高440mmは、幅高さとも4cmほど大きめ。
薬剤質量3.0kgは、廃棄予定のものの倍。
総重量3.9kgは、廃棄予定のものより0.9kg増。
2018年製造(異様に安い物は2,3年前の製造だったりする)

規格:日本消防検定協会 国家検定合格品 業務用消火器
検定型式番号:消第29~12号
消火薬剤:粉末ABC
加圧ガス:窒素(ノンフロン)
使用温度範囲:-30℃~+40℃、使用可能最低気温が廃棄予定のものよりも10度も下がった。設置場所や火元が住宅内ならばマイナスということは考えにくいが、外気温下で使用するような場合は-20度では困る地域もありそうだ。
放射時間/距離:約14秒(20℃)/4~6m(20℃)放射距離は1m延びている。
適応火災:普通火災/油火災/電気火災
能力単位:A-3/B-7/C、廃棄予定のものはA-1/B-3/C。普通火災と油火災の能力は倍以上になる。
製造国:日本
製造:モリタミヤタ

設計標準使用期限:10年、しかし、実際はもう少し長く持つはずだ。
※リサイクルシール付き

 アルミ製はなんと言っても軽い。鉄だと5kgを超えてしまう。溶接でボトル型にしていないので強度にムラがなく、凹凸もなくなめらかで、塗装もつややかで美しい。室内置きなのであまり腐食は問題ないのだが、アルミは錆びない。リサイクルの環境コストが低い。
 
 注文してから一営業日で発送され、翌日には到着した。新旧並べてみた。右の従来型はプロパンガスのボンベと同じような溶接構造だ。左のアルミ製は空気ボンベを思わせるような継ぎ目のない一体成形。ペイントも自転車のようで耐久性が高そうだ。
b0113219_00162781.jpg
 
 これまで我が家に設置してきた消火器にはなかった圧力計が付いていて、加圧のための窒素が漏れて噴射力が弱まっていないか確認できるようになっている。今まで中の様子が一切分からない消火器を使っていたけれど、これで点検は容易になっている。
b0113219_00162722.jpg

[PR]
by hills_mountains | 2018-09-29 23:59 | 家電や住設のメンテナンス/修理 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30