エアコンを少し奥まで掃除

b0113219_17545135.jpg
 
 エアコンの熱交換フィンの洗浄スプレーが何年も使われることなくあったので使ってみた。エアコンの電源をブレーカーで切り、フィンが見えるようにして洗浄液を全量噴射した。ドレンを降りてきた廃液を見たが、大してきれいになっているとは思えない。それにフィン以外の部分の汚れはこれではいかんともしがたい。
b0113219_17545014.jpg
 
 最初は前面パネルを上げてフィルターを外し、ルーバーを開けた状態で指が届く範囲を拭き掃除したが、本当に汚れがひどい部分にはなかなか指が届かないので、外せるものはなるべく外してなるべく奥のほうまできれいにすることにした。
 上下風向きを変えるルーバーを外す。中央のフックをしならせて外し、左端の樹脂の軸をマイナスドライバーで押しながらルーバーをたわめて抜く。半透明の軸は簡単に外れるのでなくさないように。右の方はモーターの軸に嵌まるようになっている。こちら側も抜く。ルーバーの右先端に被っている金属のキャップはすぐ抜けるのでなくさないように。
 ルーバーは水洗いして水滴を拭き取り乾燥させておく。
b0113219_17544976.jpg
 
 フィルターを外すために跳ね上げる前面パネルも簡単に外れる製品が多いと思う。外し方は説明書に書いてあるが、家電の分解掃除に慣れていると、よく見れば仕組みはわかる。脚立を用意し視線が水平になるようにして構造をよく確かめながら、無理が掛からないように優しく取り外す。
 吹き出し口の左右に何やら簡単に外せそうな部分がある。ネジの頭を隠すパーツだ。それを引き出してネジを発見する。この2本のネジを外すと機械本体の前方の樹脂カバーが外れる。
b0113219_17545085.jpg
 
 樹脂カバーの上方はネジではなく3つの爪で引っかかっている。天井との間が狭く構造が見えなかったのでなかなか外せなかったが、案外簡単な構造だった。天井との間が広ければ簡単に外せたが、恐る恐る作業したのでけっこう手こずった。
b0113219_17544947.jpg
 
 外したカバーに電源コードを挿し込んで固定する部分を見られるようにハッチがある。ネジを外して開けると裏に金属の板が嵌まっているので水洗い前に取り外しておく。
b0113219_17545094.jpg
 
 前面カバーの内側には埃やカビがたくさん付いている。フィルターも。これは屋外や流しで洗浄する。
b0113219_17545054.jpg
 
 フィンに生じる水滴は重力で滴下するから、フィン自体がずっと濡れたままになることはないはずなのだが、水滴が落ちていくトレーは運転を止めた後も湿っている時間が長いと思われる。こんなふうに黒カビが生じている。トレーの下面に結露が生じないように発泡スチロールが貼り付けてあるが、それが乾きにくいのだろうと思う。トレーはドレーンのホースとつながっており、ホースから外すと再接続が難しそうなので、写真のような位置で清掃する。カビ取り剤を使用すると濯げないのでアルコール綿で殺菌しながら掃除する。
b0113219_17545135.jpg
 
 できる限りきれいに拭き掃除した結果。お風呂のコーキングやゴムのカビと同じで完全に真っ白にはできなかった。発泡スチロールの表面は平滑ではないので隙間にカビの菌糸が入り込んでいるのだろう。再度の菌糸の発達を防ぐために防かび剤を塗布しておいた。
 カバーの汚れは水だけできれいに落とせる。
b0113219_17545107.jpg
 
 フィルタースクリーンはしばらく掃除をさぼっていたので、掃除機で吸っただけでは落とせなかった。水で洗った後さらに洗剤水に浸して柔らかい布で擦って洗浄。
b0113219_17545068.jpg
 
 すべての洗浄したものから水滴をよく拭き取って乾燥させたら、トレーをフィンの下に戻し、カバーに外しておいた金属パーツを戻して、本体に組み付ける。ルーバーを戻し、前面パネルを戻し、フィルターを挿し込む。
 ブレーカーを戻して洗濯除湿で運転してみると、無臭の風が出てくる。ドレーンからも除湿水が降りてきているのを確認。

[PR]
by hills_mountains | 2018-11-08 19:58 | 家電や住設のメンテナンス/修理 | Comments(0)

このブログ内の自転車整備やDIYの記事を参考にする場合、読者の責任において取り組むようにしてください。


by hills_mountains
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31